カテゴリから探す
TOP >  おばあちゃんの知恵袋 > 口内炎を自然療法で治す

口内炎を自然療法で治す

2017年3月3日
シェアする
aa
自然療法でできる口内炎の治し方をご紹介します。口内炎にきく自宅でできる簡単レシピを紹介!口内炎って、一つできるだけでもご飯がおいしく食べられなくなったり、しゃべるのもおっくうになったり、とても厄介なものですよね。できるだけ早く治したいとみなさん思うかと思います。疲れがたまっているときに、うっかり口の中を嚙んだりして傷つけてしまうと、口の中の粘膜に炎症が起きてしまう状態のことを言うそうです。口内炎にきく昔からの知恵をご紹介します。

口内炎って、一つできるだけでもご飯がおいしく食べられなくなったり、しゃべるのもおっくうになったり、とても厄介なものですよね。できるだけ早く治したいとみなさん思うかと思います。

疲れがたまっているときに、うっかり口の中を嚙んだりして傷つけてしまうと、口の中の粘膜に炎症が起きてしまう状態のことを言うそうです。

 

 

 

口内炎に梅干し・ナスのヘタの黒焼き

 

なぜ梅干し・ナスのヘタの黒焼きがカラダによいかは、医学的に解明はされてませんが、昔ながらの知恵で利用されてきました。

なすび

 

黒焼きは、黒こげとは違います。黒焼きとは空気をアルミホイル等で遮断して炭化状態にすることです。空気に触れた状態での加熱だと黒こげになるので、気をつけましょう。

 

 

梅干しの黒焼きは、アルミホイルを使って空気をしぼり出す様に2、3重に包み密封したものをふたのできる土鍋等に入れ、ガスコンロ等で約5~6時間加熱し、炭化させます。

うめぼし-min

 

 

ナスのヘタの黒焼きは、良く洗ったヘタを陰干し乾燥し鍋に入れふたをして弱火で2時間くらい焼く。紫色の煙が出なくなり臭いも消えたら火を止めふたをしたまま冷めるのを待ちます。冷めるまでは、けっしてふたを開ける出ないでください。

こうやって、できた黒焼きをすり鉢ですりつぶしふるいにかければ完成です。これらを患部に塗ると治ってきます。歯痛にも良く効くそうです。

 

口内炎にココアと蜂蜜

 

子供にとってもハチミツは大変人気ですよね。これを使って口内炎を鎮める方法もあります。

砂糖の入ってないココアをハチミツで練り練りし、のりのようになったものを患部に塗るのじゃ。あまくておいしく治るのでとても気軽ですね!

 

シェアする