カテゴリから探す
TOP >  ヘルス > 「耳鳴り」を止めたい時。ツボ押しが効果的!

「耳鳴り」を止めたい時。ツボ押しが効果的!

2017年3月3日
シェアする
aa
「耳鳴り」を止めたい時の効果的ツボをご紹介します。耳の中がきーんとする耳鳴り、困ったものです。耳鳴りの原因は主に聴覚神経の障害からきていますが、耳神経の病気以外にも、血圧異常、糖尿病、過労、ストレスからくるものもあります。また、老化が影響している場合もあります。また、耳は(腎臓、副腎)にも強い関係があるといわれています。不快な耳鳴りは耳の付け根あたりを良くこすって刺激することでけっこう緩和されます。ここら辺はいろいろなつぼが集中しているところです。

 

耳の中がきーんとする耳鳴り、困ったものです。耳鳴りの原因は主に聴覚神経の障害からきていますが、耳神経の病気以外にも、血圧異常、糖尿病、過労、ストレスからくるものもあります。また、老化が影響している場合もあります。また、耳は腎(腎臓、副腎)にも強い関係があるといわれています。

 

不快な耳鳴りは耳の付け根あたりを良くこすって刺激することでけっこう緩和されます。ここら辺はいろいろなつぼが集中しているところです。

 

 

耳鳴りに効くつぼ

 

■聴宮(ちょうきゅう)

耳の周囲にある良く効くつぼとして、耳の前にある聴宮(ちょうきゅう)があります。耳珠の中央から少しだけ顔方向にずらしたくぼみにあります。

聴宮-min

 

 

■翳風(えいふう)

耳たぶの後ろの下のへこみにある翳風(えいふう)

翳風

 

 

■完骨(かんこつ)

耳のすぐ後ろにある骨のでっぱりの下から約2cm後ろにある完骨(かんこつ)などがあります。

完骨-min

 

 

このあたりを親指などでぐぐっと1回20~30秒くらいで、何回か抑えて刺激しましょう。

血圧が高いことからくる耳鳴りには、手の甲側、親指と人差し指の骨の交差したところにある合谷(ごうこく)や小指のつけ根を良く揉んでください。

肩こりからきていると思われる場合は、首と肩先の中央の肩井(けんせい)もよいでしょう。

 

 

セルフツボ押しの注意点

下記のような場合は、ツボ押しはおススメできませんので、ご注意ください。

・お酒を飲んだあと

・食後30分以内

・妊娠している方

・発熱や外傷などで体調がいつもと異なる場合

シェアする