TOP >  ヘルス > お酒をやめるとどうなるか。検診での数値の変化~禁酒1か月後~

お酒をやめるとどうなるか。検診での数値の変化~禁酒1か月後~

シェアする
aa
前回「禁酒と体調の変化」の記事で、禁酒開始から約2週間までの経過をお知らせしましたが、その後、約一か月後に病院で検査を受ける機会がありましたので、飲酒で影響の出やすい臓器は肝臓なので、今回の検診で数値を確認してきました!まず、肝機能の検査に使われる項目は主に次の項目となる様です。

前回「禁酒と体調の変化」の記事で、禁酒開始から約2週間までの経過をお知らせしましたが、その後、約1か月後に病院で検査を受ける機会がありましたので、飲酒で影響の出やすい臓器は肝臓なので、今回の検診で数値を確認してきました!

 

まず、肝機能の検査に使われる項目は主に次の項目となる様です。

(注:身長や体重、性別などで基準値が変動します)

 

・γ-GTP

お酒好きの方が肝臓検査の時に最も気を付けてみる項目です。

この酵素はアルコールに敏感な為、アルコールが原因で起こる肝臓疾患の指針となるとの事でした。

成人男性の基準値は10~50U/L

成人女性の基準値は9~32U/L

 

・AST(GOT)

肝臓などの細胞に含まれる酵素の一種です。この値が高くなると肝障害や、心臓の疾患が疑われるとの事です。

基準値は10~34U/L

 

 

・ALT(GPT)

こちらも肝臓等に含まれる酵素の一種です。

肝臓に炎症が起きている場合には値が高くなる様です。

基準値は10~46U/L

 

・アルカリフォスファーターゼ

この酵素は色んな臓器に含まれていますが、ASTやALTの値と一緒に比較する事で

肝臓に問題があるのか、骨に問題があるのか特定できるとの事でした。

この値が350U/Lを超えると肝臓や骨に疾患が疑われるとの事です。

 

 

禁酒しても1日や1週間では肝機能の改善はされないとの事です。

本気で肝臓を元気にしようとするなら、月単位で禁酒やお酒の量に気を付ける必要があります。

 

さて今回2週間の禁酒生活を経て行った検査結果ですが…

 

・γ-GTP = 34U/L → 27U/L  (禁酒すごい!!)

・AST(GOT) = 18U/L → 15U/L(こちらもまずまずです。)

・ALT(GPT) = 14U/L → 10U/L(いいかんじです。)

・アルカリフォスファーターゼ = 182U/L → 149U/L (YES減少!)

 

4項目全て減少!

 

結果としてどの項目も数値は平均値内で、加えて数値は下がり禁酒の効果がでました!2月末から開始した約1カ月の禁酒の後に飲んだお酒は特別美味しかったです!

シェアする