TOP >  手技療法について > コルセット・サポーターの歴史と効用

コルセット・サポーターの歴史と効用

シェアする
aa
コルセット、と口にすると、中世ヨーロッパに見られる「くびれ」を強調いささかマゾヒストなイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、ここで云う「コルセット」とは、腰の痛みの軽減や防止に使われる「サポーター」のことになります。最近はTVのコマーシャル等でも、目にすることの多い、この「コルセット」「サポーター」、歴史と効用について紐解いてみましょう。 もともとコルセット(英語でCorset)は16世紀から19世紀にかけてのヨーロッパの社交界でよく使われており、女性のボディライン、特にウエストを細く見せる目的で使われていました。

コルセット、と口にすると、中世ヨーロッパに見られる「くびれ」を強調いささかマゾヒストなイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、ここで云う「コルセット」とは、腰の痛みの軽減や防止に使われる「サポーター」のことになります。最近はTVのコマーシャル等でも、目にすることの多い、この「コルセット」「サポーター」、歴史と効用について紐解いてみましょう。

 

コルセットの歴史

もともとコルセット(英語でCorset)は16世紀から19世紀にかけてのヨーロッパの社交界でよく使われており、女性のボディライン、特にウエストを細く見せる目的で使われていました。

 

この時代は(現代も程度の差こそあれ、同じかもしれません)ウエストは細ければ細いほど美しいとされていたんですね。基本的にはウエストを力任せに締め付けて強制的に細くするもので、とても苦しいものでした。素材には主に鯨の髭が使用され、さらに後期にはハトメが開発されると、よりいっそうきつくウエストを締め付けることができるようになり、健康面でも悪影響が出る場合が多かったようです。中にはきつく締めすぎて亡くなってしまう女性も居たとか。

 

極端な細いウエストの信仰が廃れた後の時代は、素材の進化や改良も行われ、いわゆる「矯正下着」「補正下着」が主流になり、ファッションとしてのコルセットの使用は下火になっていきました。

 

医療用としてのコルセット

さて、医療用としては、19世紀頃に体を固定する装身具として利用され始め、現在では、「簡易タイプ」「軟性タイプ」「硬性タイプ」と大きく3つの種類があり、ベルトと呼ばれるものは市販もされていますが、コルセットと呼ばれるものは医療用のものが多く、腰の痛みの症状や度合いに応じ、医療機関等で処方されています。

 

これらの最も古い歴史としてゴムバンドによる処置がありました。主にウエストや下腹部に巻いて、日常生活の振動から内臓を守ったり、衰えた筋肉を補完する目的で使われ、一部の整骨院や外科などで、腰の痛みを取り除いた後の状態を長く保つため、或いは一時的に痛みを緩和する目的で使われていました。

 

しかし、ゴムバンドの場合、着用時の蒸れや、ゴムである以上、どうしても徐々にきつく感じる様になるため、再調整が必要になるなどいろいろ不便な点もありました。そこで、整骨院や接骨院からの要望で作られたのが、現在主流の薄型メッシュタイプになります。

 

腰の痛みだけでなくダイエットにも効果?~正しい装着方法で~

ハリウッドの女優ジェシカ・アルバが産後のダイエットのためコルセットを使って3ヶ月でくびれを取り戻したとか。にわかに注目されつつある「コルセット」でダイエット。

 

自分のウエストから10cmほど細いものを1日3~6時間ほど着用すると云う、至極簡単なダイエット。彼女が言うには、発汗量も増え、ダイエット効果があるとのこと。

 

このダイエット方法は、身体が持っている形状記憶の作用を基にしていると考えられており、普段より細いくびれを身体に覚えさせることで、実際のウエストも細くなり、美しいくびれを作る効果があると云われています。

 

確かに姿勢を良くすると痩身効果がある、なんてこと聞いたことがありますよね。身体が歪んでいると、血管が圧迫され、滞留が起こりますが、コルセットのような補整する器具を着用する事で歪みを正し、血行を促進させるのは身体に悪いことじゃないですね。

 

しかし、着用方法や姿勢によっては、却って血行を悪くしたり、きつく閉めすぎると内臓下垂や、骨格の変形などを招くこともありますので注意が必要です。腰痛は一時的、慢性も含め一生のうちには国民の80%は罹患するといわれるほど現代の日常的な疾患であり、日本の腰痛人口は全国に推定で2,800万人に上ります(厚生労働省2013年調べ)。

 

腰の痛みに悩んでいたり、ダイエットのためにコルセットに興味がある方は、整骨院や接骨院などの専門家の意見を聞いてみるのも良いでしょう。

 

 

 

シェアする