TOP >  手技療法について > アーユルヴェーダとは

アーユルヴェーダとは

2016年10月26日
シェアする
aa
アーユルヴェーダとは、サンスクリット語でアーユルは「生命」、ヴェーダは「科学・教義」を意味しています。5千年前にインドで生まれ、インド・スリランカの伝統医学として研究されてきました。世界保健機構(WHO)では、中国医学、ユナニ医学とともに世界三大伝承医学として正式に奨励しています。

アーユルヴェーダとは、サンスクリット語でアーユルは「生命」、ヴェーダは「科学・教義」を意味しています。5千年前にインドで生まれ、インド・スリランカの伝統医学として研究されてきました。世界保健機構(WHO)では、中国医学、ユナニ医学とともに世界三大伝承医学として正式に奨励しています。

インドでは、アーユルヴェーダ医師の資格は国家資格となります。

 

日本でアーユルベーダといえば、インド式オイルマッサージを指すことが多いようですが、本来のアーユルベーダとは、自然環境の中で、人間が本来持つ自然治癒力に働きかけながら、健康に生きることを教え、マッサージをはじめ、ハーブ、ヨーガ、アロマテラピーなど様々な健康法に通じる医学体系とされています。

 

 

 

参考リンク
THE TIMES OF INDIA

 

シェアする