TOP >  SPORTS! > ジョギングで長生き?

ジョギングで長生き?

2017年6月3日
シェアする
aa
2017年5月にヘルス系の関連誌『Progress in Cardiovascular Disease』で発表された研究結果によりますと、ジョギングしている人と、全くしない人を比較したところ、死に至るリスクは全くしない人はジョギング愛好者よりも最大で40パーセントも高く、平均寿命も3年ほど短くなるとのこと。 これは、飲酒や喫煙などの生活習慣や肥満度との因果関係はなく、純粋にジョギング愛好者は非愛好者より寿命が長い、と云う至極単純な研究結果なのでありますが。ちょっと気になりますね。

2017年5月にヘルス系の関連誌『Progress in Cardiovascular Disease』で発表された研究結果によりますと、ジョギングしている人と、全くしない人を比較したところ、死に至るリスクは全くしない人はジョギング愛好者よりも最大で40パーセントも高く、平均寿命も3年ほど短くなるとのこと。

これは、飲酒や喫煙などの生活習慣や肥満度との因果関係はなく、純粋にジョギング愛好者は非愛好者より寿命が長い、と云う至極単純な研究結果なのでありますが。ちょっと気になりますね。
 

1時間のジョギングの効果

「ジョギングの速度や距離、頻度は関係なく、1時間のジョギングで、寿命が7時間延びます」と、堂々と『New York Times』紙のインタビューに答えるのは今回の調査を指揮したメンバーである、ダック・チャル・リー博士です。
 

アイオワ州立大学に所属するリー博士は、テキサス州ダラスにあるThe Cooper Institute(クーパー・インスティチュート)で行われたメディカル&フィジカルテストの結果を検証してジョギングの効用を突き止めたとのことですが、このクーパー・インスティテュート、日本語で言えば「クーパー研究所」というところなのですが、こちらのFacebookを観ていただくと判ると思いますが、かなりまじめな(失礼!)研究所です。これは信じられそう?
 

1時間のジョギングで7時間、寿命が延びると云うことは、1日4時間走れば不老不死に! ジョギングを続けることで永遠に死なない体を得ることも・・・、いや、そんな話ではないですよね。
 
 

「ジョギングを続けることで永遠の生命を得るわけではありません。どれだけたくさん走っても、寿命がそれ以上に延びることはありません」とリー博士は断言。そうですか、そうですよね「しかし、私たちの研究で平均で3年ほど長く生きられることは結果から導き出せます」とのこと。3年ですか!それは嬉しいですね、だって3年寿命が長くなれば、かなりのことが出来ますよ。
 
 

「ランニング」より「ジョギング」を楽しむ

もちろん遺伝的な疾病をジョギングで治すようなことはできないが、若くして死に至る病気として一般的な原因である、高血圧や肥満等の回復には大きな効果があるとされている。一般的にジョギングを定期的に行う愛好者は、健康に対する意識が高く、生活習慣自体もヘルシーな側面はあります。
 

ただ、それらを差し引いても適度なジョギングは身体に良いことは間違いなさそうである。どうも、ジョギングと云うと、身体に良いVS 身体に悪いの2極論に分かれがちですが、ここで言う適度なジョギングとは、時速10Km以下でゆっくり走ること、10Kmを超えてしまうのは「ランニング」です。
ちなみにランニングの目安として、走るスピードが 時速12km以上で 1週間で合計30~40kmほど走る事が健康を害する可能性が高まる1つのボーダーラインとして見られている様です(ウォールストリートジャーナル one running shoe in the grave より)。
 

そう、これまでずっと述べてきたように、“寿命”が気になる年齢の皆様は、ゆっくり、適度なスピードと回数で「ジョギング」を楽しんでください。
 

心も身体もすっきりして、更には寿命が延びるって良いことずくめですよね。

シェアする